siesta ~心休まるお片付け~

宝塚在住整理収納アドバイザー *yoko* こと田中 陽子 のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本はどうやって処分したらいいのですか?

昨日の手相リーディング講座の余韻を残りながら、
今日は1日ゆっくりとした時間を過ごしました。

お昼寝したくなるようなおうち作りが目標
心休まるお片付けを目指します
宝塚市在住 整理収納アドバイザー 田中 陽子 です。

「本はどう処分したらいいの?」という質問をされることがあります。

モノの処分は「これ!」という解決方法はなく、いろんな方法があります。
ご自分に合った方法で処分、整理収納されることをおすすめしていますが、今日は本の処分の方法についていくつかの例をご提案をさせていただきます。

手順としては

まず、 定期的に見直す ことが大切です。

そのルールとして、
新しい本を購入したら、見直す。
1ヶ月に1度見直す日を作る。
収納スペースを決めて、そこがいっぱいになったら、見直す。など。
ご自分に合ったルールを決めて、見直す機会を作りましょう。

見直す時のポイントは、
もう読まない。
買ったけど、結局、読んでいない。
おもしろくなかった。
ずっと手元に置いておくものでもない。など。
時には厳しく見直してください。

そして、 リュースする

リュースとは再利用するという意味です。
必要な方に本をお譲りしましょう。

私がおすすめするのは、まず、フリマやオークションなどを利用して、必要な方にもらっていただくことです。
フリマやオークションは手間がかかりますので、それが面倒だなと思う方は、古本屋さんを利用するといいですね。
最近は、自宅にいても引き取りに来てくれるサービスなどもありますので、上手に利用するといいと思います。

ご質問頂いた方に簡単に説明すると、みなさん、
「え~、面倒だわ~」とおっしゃいますが、面倒くさがっていたら、いつまでもおうちは片付きません!

それでも、面倒!と思うなら、廃品回収に出してしまいましょう。

でも、まだ、リュース可能な本なら、ぜひ、ひと手間かけて、必要な方に再度読んでいただければ、うれしいですよね。

私もいつもヤフオクに出品して、落札されなかった本はまとめてブックオフへ持っていきます。
ブックオフにももらっていただけなかった本は、廃品回収に出します。

P9099699a.jpg

本は新しい方がリュースしやすいので、読んですぐオークションや古本屋さんに持っていくと、買取していただきやすくなりますし、お値段も高く引き取っていただけるので、おすすめですよ!

お気に入りと思っている本。

最近、いつ読みましたか?

これから、またその本を読むと思いますか?

本の情報は自分の中にインプットされていますし、またどうしても読みたくなったら、図書館を利用してもいい。

少しずつ、考えた方を変えて、おうちの中を心休まる空間にしていきませんか?




整理収納サービス&コンサルティングも募集中です!!


整理収納サービス&コンサルティングサービス募集中

ご希望のお日にち・お時間をご相談ください。

整理収納サービスの詳細はこちら → 

整理収納サービスのお問合せ・お申込みはこちら → 




最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。














関連記事
スポンサーサイト

| その他 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mylife2013kirakira.blog.fc2.com/tb.php/533-2796568a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。